ブログ

大商ブログ

大河原商業高等学校ギター部第48回定期演奏会について

来月1月7日(土)13:30より「大河原商業高等学校ギター部第48回定期演奏会」を仙南芸術文化センターにおいて開催します。チケットは有料となっており,仙南芸術文化センターにて¥500で販売しております。販売予定枚数に達しましたら販売終了となります。

大河原商業高等学校ギター部3学年が揃う最後の演奏会となります。どうぞ足をお運びいただければと思います。

令和4年度 大学出張講義が実施されました。

11月14日、15日、富山大学医学部の髙岡裕教授が来校し,大学出張講義が対面で行われました。令和2,3年度は,医学部職員の移動制限等もあり,オンライン実施でした。流通マネジメント科「人生100歳時代の健康情報カード」,情報システム科「コンピュータと情報」,OA会計科「情報と分析」,3学科それぞれ大商で学んでいる分野に関連したテーマで実施されました。講師の先生からは,生徒の真剣な受講態度を褒めていただきました。生徒には,就職しても通信制の大学、専門学校で学ぶことが可能であり,ずっと知識のアップデートを繰り返してほしいと講話の最後を締めくくりました。

令和4年度 救命救急講習会実施

1 1 月 2 4 日( 木 ),生徒を対象に,救急救命講習を実施しました。 例年, 救急救命士を招いての講習でしたが コロナ禍のため 消防本部より認定を受けた 本校 教職員 が講師を務めました。 AED装置の使用方法や呼吸 の確認,胸骨圧迫 など を 学びました 。 生徒は皆 一生懸命取り組んでいました。

第41回宮城県高等学校放送コンテスト新人大会 ビデオメッセージ部門で最優秀賞

11月9日(水)に日立システムズホール仙台で行われた,第41回宮城県高等学校放送コンテスト新人大会で,本校の放送局の作品がビデオメッセージ部門で最優秀賞,テレビキャンペーン部門で入選をいただきました!

ビデオメッセージ部門の作品は,来年の全国大会・かごしま総文に出品されます。

制作にご協力いただきました皆さま,本当にありがとうございました!

ギター部 第53回全日本ギターコンクール 7連覇達成!!

 10月9日(日)に開催された第53回全日本ギターコンクール合奏部門学校の部において,本校ギター部が7年連続最優秀賞を受賞しました。今年度は出場団体の中でも最少人数の15人での受賞となりました。また10月31日(月)にはTBS系朝の情報番組「THE TIME」で全国へ演奏を披露する様子が本校ギター部室より生放送されました。

 今後,仙南芸術文化センターで1月7日(土)に行われる定期演奏会に向けて練習に熱が入っています。今年度は一般の方々にも座席数の限定はさせていただきますがご覧いただきたいと思っています。現在準備をしておりますので整い次第,後日掲載させていただきます。

大商祭一般公開が盛会に終了

10月22日、さわやかな秋晴れのなか大商祭を3年ぶりの一般公開として開催しました。今年は3学年揃って最後の開催となります。コロナ禍でありますが、『飲食禁止』『マスク着用』など感染対策を徹底し、ご家族、地域、同窓生、それぞれの皆様にこれまでの感謝を込めて、さまざまな発表やアトラクションで楽しい時間を過ごすことができました。予想を超える多くの来場者の皆様には制限のなかでご協力をいただきましたが、柴田農林高校の農作物販売や特別企画「ギター部の栄光の歴史展」「大商100年の歴史展」なども含め大商祭らしさを堪能していただきました。3年生にとって最初で最後の一般公開を笑顔で終えることができました。

新しく空気清浄機・検温器が設置されました。

 新型コロナウイルス、インフルエンザ感染の拡大を防ぐために高性能の空気清浄機を各教室に設置しました。市販されている空気清浄機の多くは、ウイルスなど小さな粒子は除去することができません。今回設置した空気清浄機は、ウイルスより小さい0.01μmの粒子を99.999%除去できることを外部の検査機関で確認されたモデルになっております。

 さらに,生徒昇降口には非接触式体温検知器を設置しました。朝に体温測定して登校していただいておりますが,登校後の体温測定を容易にすることで,発熱の生徒に迅速に対応できるようにします。

秋の交通安全運動

第Ⅱ期が始まった10月3日より7日まで「秋の交通安全運動」として生活安全委員が学校前の交差点と校門の2カ所で朝の声掛け運動を実施しました。のぼりを掲げながら、交通安全マナーの協力と元気なあいさつを響かせました。みんなで交通安全に気を付けて通学をしていきましょう。

全校オンライン授業を実

9月20日。台風14号の影響のため登校を控えるよう指示し、6時間授業をすべてオンラインで実施しました。考査前の大事な時期につき生徒の学びを止めないために、普段活用しているICTを実践的に実施し、朝のSHRでの点呼から帰りSHRまで無事に終えることができました。